Also Sprach Mkimpo Kid に載せられなかった写真を中心に。
[639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632] [631] [630] [629]


ママが風邪をひいてて、お医者さんが3時から5時の間に往診に来てくれることになってたので、靖国解体企画提起の「【生存】戦争とファッショ」だけ聴いて、一旦、家に帰りました。
「弔い」は個人的だからいいけど「追悼」は集団的だからダメ、みたいな話が出てて、言わんとするところはわからなくもないんだけど、ある概念をどう名づけるかというときに、この2つの言葉って入れ替え可能なんじゃないかな、って思いました。
辞書で調べてみると「弔い」は「人の死を悲しみいたむこと」とあり、「追悼」は「死者をしのんで、いたみ悲しむこと」とあって、それほど変わりありません。
現代日本語の用語法で、「弔い」は個人的で「追悼」は集団的っていうのは、少なくとも一般的な使い分け方ではないのではないか、と。
現に「弔い合戦」っていう言葉もあるくらいで、この「弔い」はどう見ても集団的ですよね。
僕の言語感覚に即して言い換えると、「追悼」はいいけど「追悼政治」はダメ、「弔い」はいいけど「弔い政治」はダメ、ということになります。

8時近くになってようやくお医者さんが来て、結局、〈フェスタ〉には戻れませんでした。
せめて19:00からの「【自由】「麻生邸のリアリティ--ツアー・弾圧・救援を振り返る--」だけでも聴きたかったのですが。



廊下にあった展示の一部です。
明日のサウンド・デモで活躍するのかしら。

---------------------------------------------------------------
反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉2008
──責任者出てこい。これはヤツらの戦争だ。

○ 屋内集会
 日時:11月29日(土) 13時〜21時
 場所:渋谷勤労福祉会館

【生存】13:00-
戦争とファッショ
提起:靖国解体企画

【反戦】15:00-
戦争が日常にある風景 アメリカ・韓国・日本
提起・田保寿一さん(ジャーナリスト)
   韓国徴兵制と人権問題を考えるPANDA
   DJ mix noise(憲法カフェ)

【恐慌】17:00-
恐慌からの脱出は戦争に非ず
提起:萱野稔人さん(大学教員)、太田昌国さん(現代企画室・ラテンアメリカ研究家)

【自由】19:00-
「麻生邸のリアリティ」
o ツアー・弾圧・救援を振り返る--
共催:麻生でてこい!!リアリティツアー救援会
提起:山口正紀さん(人権と報道・連絡会)

○ サウンドデモ
 日時:11月30日(日)15時
 場所:原宿・神宮前穏田区民会館集合
 コース:原宿→渋谷

http://a.sanpal.co.jp/r-festa/
http://d.hatena.ne.jp/festa_hansen/

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1
14 16
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
かめよ~ん。
性別:
非公開
職業:
赤帽よいこ 観光左翼 撮りサヨ
趣味:
カメの飼育と散歩
最新記事
(08/21)
(08/20)
(08/19)
(08/18)
(08/17)
(08/15)
(08/13)
(08/12)
(08/11)
(08/10)
(08/09)
(08/08)
(08/07)
(08/06)
(08/05)
(08/04)
(08/03)
(08/02)
(07/30)
(07/29)
(07/28)
(07/27)
(07/26)
(07/25)
(07/24)
最新コメント
[05/12 乾喜美子]
[04/26 Wattan]
[12/10 乾喜美子]
[11/14 kame]
[11/14 増山れな]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ムキンポの忍者ブログ All Rights Reserved
/